御神歌「八十鈴鳴る」〜「天の岩戸開き」より〜  レポート





本日は久しぶりに、

「天の岩戸開き」(右記広告参照)

のレポートを書かせていただきましたので、

それをお届けしたいと思います。



テーマは、Ai先生 が霧島を訪れたときに、

受け取られました、御神歌「八十鈴鳴る」です。



御神歌には、神界のエネルギーを伝えて、

日本人の創始からの神聖なDNAを目覚めさせる、

素晴らしい働きがあります。



読者の皆さまがそのエネルギーを

体感していただけますことを願い、

以下に、レポートを綴らせていただきます









八十鈴鳴る

 

 

大八洲 八十鈴鳴りなりて

 

龍と鳳凰 ひとつなる

 

 


根源神界

 

天照皇太神

 

黄金龍神

 

 

 

 

この歌を読むと、自分の中の何かに

スイッチが入ったように感じます。

 

最も尊く、美しい記憶が蘇るかのように。

 

そして、私たちが日本人として生まれてきたこと、

 

今まさに、日の元の国土を踏みしめていることを感じると、

 

たまらないありがたさに包まれます。

 

日の元の国は、根源太陽の雛型であり、同時に、

 

私たちが、根源天照皇太神の全き分神

 

であるからです。

 

 

 

日の元の黄金龍体なる黄金龍神は、創始よりずっと、

 

鳳凰(天照皇太神のエネルギー)とひとつでありました。

 

しかし、私たち人が目覚めるその時まで、それをひそかに、

 

隠してきました。なぜなら、龍と鳳凰のひとつなる秘密とは、

 

神の御子である私たちにとって、最高の贈り物であるからです。

 

天の岩戸開きとは、

全宇宙規模の最終・最大の誕生日プレゼントなのです。

 

 

 

人が・・・根源なる母(鳳凰)と根源なる父(黄金龍)の

 

全き分神であると知ったとき!

 

それが宇宙の目覚めの時でもあるのです。

 

父と母が無限の歓喜をプレゼントしようと、

 

創始より、地球維神の祝典を用意していたのです。

 

 

 

 

日の元の国は、全宇宙のTop&Coreである、

根源太陽の雛型であるので、

 

宇宙のすべてが含まれているのです。

 

すべては、母・父・子、火・水・人の三位一体で動くために、

 

母=根源太陽、父=日の元の黄金龍体が動き出した今、

 

子=人が目覚めなければならないのです。

 

 

 

根源の三位一体のむすびは、この宇宙で、

最強のむすびであり、幸せなのです。

 

日戸が根源太陽の御子として、全き器として、

歓喜の中でほほえみ、弥栄を

 

寿ぎ合うさまは、まさしく、八十鈴が鳴り響く、

神の国の姿と言えます。

 

 

 

その鈴の音は、創始から響き渡る一なる根源のひびきであり、

 

すべてを包み込む、フォトンそのものなのです。

 

そう、八十鈴こそが太陽の鈴なのです。

 

神と人が八十鈴の中で響きあうとき、日の元の黄金龍体は、

 

天鳥船となり、根源へと飛翔するのです!!!

 

 

 

黄金龍が高みより、降下と共に煌めかせてきた黄金の光は、

 

中今で、鳳凰が一なる子らを懐に包み込んで、飛翔とともに、

 

舞い散らす皇光と一つなのです。

 

 

 

 

 

 

 

はじまりとおわりはひとつなりて、

 

愛成る愛は常しへに響き渡る。

 

 

 

 

父・母・子

 

願いは一つ

 

永遠に




国丸


コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>
categories
NMCAA          アセンション・アカデミー本部  必読図書
           

 

地球維神―黄金人類の夜明け
地球維神―黄金人類の夜明け (JUGEMレビュー »)
アセンションファシリテーターAi
           

 

links

profile