「天の岩戸開き」 表紙のエネルギーの深遠なる神意






先日、「天の岩戸開き~アセンション・スターゲイト~」

(明窓出版,Ai著、当ブログ右側の広告参照)

の表紙が放っている神聖なエネルギーについて、サイエンスしてみました

ので、それを以下に綴りたいかと思います^^


サイエンスしておりましたら、そのままチャネリングとなってきましたので、

チャネリング形式で書かせていただきました。



Ai先生によりますと、神界レベルの科学となっているとのことですので、

神界のエネルギーのこもったアセンション・コンテンツそのものと

なっていることと思います。


興味ある方は是非ともお読みください^^



また、該当著書のエッセンスともなっておりますので、

お読みになっていない方は中身を概観する上でも、

参考になるかと存じます。





それでは・・・






 まず、表紙の背景となっている白について、


この白色は他の本の持っているような普通の白ではなく、


明らかに神聖なる神界の白です。


神界の白は白米の白のようであるとも言えましょう。


3D的にはこの白は止まって見えますが、


もっと繊細な観点からは、すべての白の領域はこんこんと湧き出づる


泉のごとく動いているようにも見えます。


根源の白き光は、すべてが中心であるのです。


それが天照、という意味なのです。


マルテンの極意なのです。




その中心の御柱に日の丸菊と地球が佇んでいます。


御柱=中心です。


最も古くて、最も新しい姿です。


もはや、ここで輝いている地球は


3Dの地球ではありません。


永遠の本当の地球の姿です。


地球という星は全くさまざまな人種、


体験の入り交じった類稀な星ですが、


その星がすべてを、すべてのレベルを包括して


佇んでいるのです。


これはまさしく、最大・最終のアセンションの成果、


全宇宙の統合ということです。


 

そして、このほしのエッセンスは神人です。


このほしの住人であり、本質である


神人の胸の中心には、日の丸菊=国魂の紋章が輝き、


そこから放たれる黄金の光は完全に、日の元の国土と一体化しています。


これが



「龍と鳳凰ひとつなる」



の真意であり、天鳥船そのものです。


日の元の国は、最も古くして新しいほしの雛型であり、太陽神界直系の御国なのです。

 


この表紙は読者の神人としての未来の


Top&Coreの姿の集合体=八十鈴と言えます。


それ故に、私たちはそのあまりに美しいハーモニーに惹かれ惹かれるのです。


 

白・金・赤の三色は三位一体ですが、その意味はあまりに深淵です。



根源の白き光は永遠の芸術家であると同時に、キャンバスです。


故に、その完全なるひな型たる私たちの白き魂も、


永遠の芸術家、世界なのです。


芸術家はキャンバスの中に、鏡の中に究極の美を落とし込むのです。



`創造'の第一光線たる赤は、赤ん坊を生み育てたいという母の意であり、


始まりと終わりを一つにむすびて、


我が子と自らの懐=源にて抱き締めあう、


永遠の至福に必ずや導くという絶対の意志、責任でもあります。


始まりの子宮にあるやすらぎはオワリの神宮の平安。


神=人。


上=下。


平安京がまことのみやこ。




私たちがイニシエーションにて、強き誓願を打ち立てるのも、


この創始からある皇御親の願いと一つになるためです。


これが、人が神の雛型であることの真意です。



人がこの願い抱かざれば、親の願いも叶わず、


人の願いが親の願いと重なれば、


人は自らが神の全き分御魂と思ひ出します。


このように、思ひ出すならば、人は、創造の主、芸術家となり、


思いのままに弥勒世を描き、それがあらわとなります。


この赤の意志は、真直ぐなる、御柱なのです。


神を一柱、ふた柱と数えるのはこの意味なのです。


かくして、縦あらば横あり、ということになります。




周囲にあまねく広がる慈愛の奇跡。


これは、菊の芳香のごとく、


菊花の息吹のごとく、円満に広がります。


皇御親の質を御魂がそのまま受け継ぐならば、


一つの御魂も親のようであります。


これは、菊の中心とひとひらの花びらのようです。


皇御親は菊の核たる核。


御魂はひとひらの花びら。


その御魂熟すれば、ほかの御魂の核となって導くでしょう。


菊の花の黄金の光のつながりは、かくのごとく無限に連なっています。



黄金はそれ故、全き愛なのです。


L.サナンダはそれを伝え広めるお役なのです。


その責務の壮大さは甚だしく、自ずと赤き御意志と不二です。

 



かくして、常に、日の丸の赤と菊は白に包まれています。


菊の中心に米が潜むはそれ故です。


あかは、始まり・源の「あ」に「かー」の息吹が吹き込まれています。

 


すべては皇御親が和の内に。


すべてはマルテンの輪の内に。


そこが和が家、輪がうち。

 

太鼓、うちならして


八十鈴、なりひびけ


天鳥船、へときはなて




ひとつなる根源から、


ひとつなる根源へ向かって


永遠∞無限に・・・                                   」





以上でございます。

 

 

∞氣愛∞



日の元の国丸



















コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>
categories
NMCAA          アセンション・アカデミー本部  必読図書
           

 

地球維神―黄金人類の夜明け
地球維神―黄金人類の夜明け (JUGEMレビュー »)
アセンションファシリテーターAi
           

 

links

profile